れきしのちから 閉じる

行基の像

神話時代
大己貴命、少名彦命の二神が烏の入湯するのを見て、有馬温泉を発見したと伝えられる。
飛鳥時代
631年(舒明3年)舒明天皇が有馬に入湯。647年(大化3年)孝徳天皇が有馬に入湯。
奈良時代
724年(神亀元年)行基上人が有馬温泉を再興し、温泉寺などの寺院を建立。
平安時代
平安時代初期、多くの人が有馬に入湯し、にぎわう。1097年(承徳元年)大洪水のため、有馬温泉が荒廃。1191年(建久2年)吉野山の僧、仁西上人が有馬温泉を再興。薬師如来を守護する十二神将にちなんで「十二坊」をつくる。
鎌倉時代
1203年(建仁3年)藤原定家が有馬に来訪、以後12回にわたり入湯。
室町時代
1385年(至徳2年)足利義満が有馬に入湯。1461年(寛正2年)足利義政が阿弥陀堂を勧進して、再興。13~16世紀にかけて貴族や各地の豪族など多くの人が有馬を訪れ、にぎわった。1564年(永禄7年)足利義輝が有馬に入湯。

太閤の像

安土桃山時代
1575年(天正3年)大火で寺や民家が焼きつくされ、有馬は荒廃。1579年(天正7年)織田信長の出陣のため、秀吉が有馬郡に道普請をさせる。1583年(天正10年) 秀吉が有馬温泉再興のために手厚い保護と援助を行う。1583~94年の11年間に北政所をともない、9回も入湯。北政所は薬師堂の再建に銭千五百貫と毎年百石の米を寄進。1590年(天正18年) 秀吉が全国を統一、阿弥陀堂で大茶会を開く。千利休、小早川隆景、有馬法印らが参加。1594年(文禄3年)秀吉が有馬に別荘を建て、立退きの民家65戸に対して年貢を免ずる。
1596年(慶長元年)7月12日夜半、近畿大地震が発生。有馬では湯屋、民家が倒れ、秀吉の別荘も大破。温泉の温度が上がり、入湯不能になる。1597年(慶長2年)秀吉は地震で損壊した有馬温泉を2年近くかけて、再興。1598年(慶長3年) 新しく湧き出た温泉(上之湯、願の湯)に秀吉が御殿を建てさせるが、8月18日、秀吉死去。
江戸時代
1605年(慶長10年)念仏寺が谷之町より秀吉の御殿跡である現在地に移る。
1617年(元和3年)「有馬名所図会」に旅館40軒と記されている。1621年(元和7年)幕府の儒学者、林羅山が入湯し、「有馬温湯記」を著わす。1634年(寛永11年)荒木又右衛門が仇の河合又五郎を追って有馬に来る。1658年(万治元年)8月13日、有馬に大洪水が起る。1661~72年、瑞宝寺を創建。1695年(元禄8年)6月29日、温泉寺が全焼し、報恩寺も類焼。1697年(元禄10年)湯泉神社を再建し、8月13日遷宮。1703年(元禄16年)11月29日、大火があり、有馬全域が類焼。1712年(正徳2年)念仏寺を再建。1753年(宝暦3年)大火があり、温泉寺、湯泉神社、林渓寺ともに全焼。林渓寺は落葉山の麓より現在地に移る。1766年(明和3年)再び大火に見舞われ、有馬の街が荒廃。1770年(明和7年)1770年(明和7年)松岡雄淵が「有馬六景」を選ぶ。1770年(明和7年)松岡雄淵が「有馬六景」を選ぶ。1773年(安永2年)大火があり、湯泉神社、薬師堂、極楽寺など炎上。1805年(文化2年)地理学者、伊能忠敬が有馬に入湯。1827年(文政10年)頼山陽、有馬に入湯。彼の友人で中国の文人である江芸閣が「日本第一神霊泉」という石碑を建てる。1836年(天保7年)天保の大飢饉で有馬の戸数が半減。
明治以降
1868年(明治元年)県より男女混浴禁止令(有馬特例で明治25年から)1872年(明治5年)福沢諭吉が有馬に滞在。戸数343戸、人口1341人1873年(明治6年)瑞宝寺が廃寺となり、その跡地が公園になる。1874年(明治7年)大阪~神戸間に鉄道が開通。住吉駅から六甲越えをして有馬に行けるようになる。1875年(明治8年)毒水と恐れられていた炭酸水の薬効が立証される。1883年(明治16年)温泉浴場を洋館に改築、湯女を廃止。井上馨、山形有朋、後藤象二郎、他名士多数が有馬に入湯。1890年(明治23年)幸田露伴が下大坊に滞在し、「まき筆日記」を著わす。1899年(明治32年)「六甲山鳴動」と呼ばれる地震で、温泉の温度が上昇。1900年(明治33年)サイダー製造会社が有馬に設立される。1911年(明治43年)9月7日、大雨で滝川が氾濫、太古橋(太閤橋と改称)が落ちて高等温泉が被害を受ける。1914年(大正4年)4月16日、有馬鉄道有馬~三田間が開通。鉄道駅近くにラジウム温泉を開業。1918年(大正7年)竹久夢二が有馬に滞在し、入湯。1927年(昭和2年)蒋介石が有馬にて宗美齢と婚約。1928年(昭和3年)神戸電鉄湊川~有馬間が開通。1932年(昭和7年)六甲ケーブルカーが開通。1938年(昭和13年)7月5日、阪神大水害によりラジウム温泉が流失。1947年(昭和22年)3月1日、神戸市と合併し、神戸市兵庫区有馬町となる。1949年(昭和24年)10月、有馬温泉観光協会を設立。1950年(昭和25年)豊臣秀吉の遺徳を偲ぶ「有馬大茶会」が始まる。天神泉源を掘る。この後、極楽泉源、妬(うわなり)泉源などが出来、各旅館が内湯となる。1956年(昭和31年)表六甲有料道路が開通。六甲山・摩耶山が瀬戸内海国立公園に編入さ れる。1958年(昭和33年)皇太子殿下(今上天皇)が有馬に御入湯。1961年(昭和36年)芦有道路が開通。1962年(昭和37年)有馬~三宮間の直通バスが開通。1967年(昭和42年)六甲有料道路六甲トンネルが開通。1970年(昭和45年)六甲有馬ロープウェーが開通。1973年(昭和48年)8月1日、神戸市北区有馬町となる。有馬鉄道が廃業。1982年(昭和57年)5月30日、ゆけむり広場が出来て、ここに「茶人太閤像」が設置される。1988年(昭和63年)北神急行が開通、新幹線の新神戸駅と直結。1995年(平成7年)1月17日、阪神淡路大震災で有馬も大きな被害を受ける。有馬川の河川敷に親水公園が出来る。1996年(平成8年)「ねね橋」が出来る。1997年(平成9年)ねね橋のたもとに「ねね像」が設置される。太閤の湯殿跡の文化財調査が行われる。1999年(平成9年)神戸市立太閤の湯殿館が開館。温泉寺御祖師庵(みそしあん)を開設。2001年(平成13年)新しい外湯「銀の湯」が開湯される。2002年(平成14年)旧温泉会館跡に外湯「金の湯」が開湯される。

太閤の湯

歴史探訪「官兵衛古道」で歴史を感じる!!
  • 2010年に六甲四季彩園として園内の一部の遊歩道を高台寺のねねの小径に模して
    ねねハーブの小径」としてオープン
  • 2014年太閤の湯大改装に伴い、有馬の持つ歴史に焦点~歴史探訪「官兵衛古道」~を開設。
  • 有馬の自然豊かな四季を園内の古道を散策しながら森林浴を楽しみ、太閤秀吉との出逢いや
    有馬温泉との関わりを通して
    「官兵衛」の生涯を俯瞰する。園内に歴史を懐旧する古道として「官兵衛古道」を整備。
    「太閤の湯」改装グランドオープンを記念して開場し、歴史探訪「太閤の湯」として、新たな訪問価値を
    付加してグランドリニューアルを訴求すると共に、有馬地区の新たな訪問価値の創成とし、有馬を訪れた
    お客様に遠く戦国の世で湯治した英傑の人生に想いを馳せる。
  • 日帰り温浴施設として日本初に認定された健康増進法に基づく、「温泉利用プログラム型健康増進施設」の
    健康増進環境プログラムを作成。温泉に加え、恵まれた自然環境「太閤四季彩園」を活用して、
    園内回遊型の森林ヨーガ※を提案する。
    ※森林浴環境の中で行う静止ヨーガ
官兵衛古道ページ
官兵衛救いの湯
有馬温泉「太閤の湯」で官兵衛を甦らせた金泉と森林浴を楽しみながら「官兵衛」の人生を振り返る!
  • 僅か1ヶ月の有馬温泉の湯治で右足以外は運動能力を取り戻し、三木攻め参戦。有馬はまさに官兵衛蘇生の湯。
  • 「官兵衛」を救った有馬温泉を当時の建築様式を再現した「太閤の湯」で、安土桃山時代へタイムスリップ、官兵衛救いの湯“金泉”を露天風呂「太閤の岩風呂」や大浴場「黄金蒸風呂」などでたっぷり満喫。
  • 園内に整備された約3千㎡遊歩道「官兵衛古道」をご散策。官兵衛の人生のハイライトを紹介。同時に本格的な森林浴を体験。幽閉された土牢も再現。
官兵衛古道のマップ