おゆのちから 閉じる

有馬は、日本最古の温泉です。 最古、すなわち人間がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みを蓄え湧き出ていた自然の温泉であるということです。技術の発達した現在でも、浅い場所(300mまで)からの採湯とし自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に蓄えたお湯をご提供しております。自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に活用した数多くの施設をお楽しみください。

  • 太閤さんの蒸し風呂&岩盤浴
  • 太閤さんの温泉の間

泉質説明

  • 泉質説明1
  • 泉質説明2

温泉分析表(クリックで拡大画像が表示されます)

稀有な温泉の類型説明

有馬温泉の特質


地球の表面は固いプレート(岩石の層)で覆われ、7つの大きなプレートといくつかの小さなプレートに分かれています。プレートには陸のプレートと海のプレートがあり、日本列島は4枚のプレートの衝突部にあって、日本海溝や南海トラフの沈み込み部分で巨大地震が起こっています。また日本列島の下に太平洋プレートが沈み込む為に日本列島は世界有数の火山列島となっています。 火山の種類は三種類あり、ハワイ島に代表されるホットスポットとよばれるタイプ。海嶺とよばれる大洋の底にある海底山脈。そして島弧とよばれる火山のタイプが日本列島。東北地方は島弧の典型的な見本。東北地方の東側の日本海溝に太平洋プレートが沈み込むんでいます。海のプレートが陸のプレートの下に沈み込み、深さが110kmに達した時、プレートからの脱水は、その上部のマントルの融点を下げマントルの一部分を溶かして上昇し、マグマだまりが出来ます。マグマだまりがいっぱいになると、地表に噴出して火山となります。さらにプレートが250kmに達すると、110kmで脱水しなかった別の鉱物から脱水上昇し、マグマだまりとなり火山が出来きます。同様300kmでも火山が出来ます。東北地方は太平洋側から北上山地、奥羽山脈、越後山脈と3種類の火山が並んでいます。


ところが近畿地方に火山はありません。紀伊半島の南側でフィリピン海プレートが日本列島の下に沈み込んでいるのに、どうして近畿地方に火山がないのでしょうか?沈み込んだプレートが60kmの深さの所で、先の方がありません。110㎞に達していないのでマグマは出来ません。これは地震の種類と震源でちぎれていると推定されます。その60㎞の直上の地点がちょうど有馬温泉。白浜の温泉は有馬の温泉と同じような温泉ですが、深さが30㎞。陸のプレートの厚みが25kmというので白浜の温泉はその境から湧出するのに対して、有馬の温泉はもう30㎞深い。つまり上部マントルの成分を含んでいる量の違いが、有馬と白浜の温泉の違いという事になります。断層内で起こる地震の観察結果、断層は深くて14km。陸のプレートの厚みは30㎞だから、断層の下の陸のプレート16㎞は、一つの岩盤の塊になっている。シチューやカレーを煮込んでいる時、なべ底から気泡があがってくるように、上部マントルから陸のプレートの岩盤を貫く火成岩の岩脈が他の岩盤よりも密度が低く、この部分がトンネルのように有馬の町下にある断層まで繋がっていると考えられています。


60km下の上部マントルは高温と高圧力の世界。有馬の温泉は特殊な物質を溶かし、液体と気体の両方性質を持つ超臨界水の状態になって上昇し、この岩脈の周辺を一気に地表まで到達すると考えられている。このトンネルが有馬の中心部に存在しています。そのトンネル部分につながる断層から世界的に珍しい温泉がわき出ています。この温泉を「有馬型温泉」といいます。

効能説明

  • 金泉
    有馬温泉を象徴する茶褐色の濁ったお湯は、日本屈指の含鉄強塩泉。鉄分を多く含み、保温・保湿効果が高く、神経痛や冷え性をはじめ、慢性婦人病、高血圧など幅広い効能があります。露天風呂ゾーンの「太閤の岩風呂」、「金泉幕湯岩盤足湯」などで、太閤秀吉が愛した金泉をご堪能ください。

    太閤の岩風呂

  • 銀泉
    “若返りの湯"とも言われる銀泉は、金泉とは対照的に無色透明でさらさらとしたゆざわりが特徴。大浴場の「銀泉くつろぎ湯」、水風呂の「銀泉岩清水」、「ねねの蒸し風呂」などで堪能していただけます。新陳代謝を促進し、慢性皮膚病、高血圧などに効果が期待できます。

    銀泉くつろぎ湯

  • 炭酸泉

    医療にも用いられる療養泉レベルの高濃度炭酸泉を「ねねの遊び湯」で再現。気泡がからだを包み、炭酸泉ならではのくつろぎ感が味わえます。血行促進や疲労回復、お肌の引き締めなどの効能があります。

    • ※人工的に再現した人工銀泉炭酸泉です。
    • ※遊離炭素ガスが1,000mg/l 以上。

    太閤の岩風呂