Let's! 森林セラピー® 戻る ホーム

森林セラピーとは、森林浴を一歩進めたものです。森林浴ではその効能を実証したデータ等が整っていませんでしたが、現在、医学的な計測や評価する技法が進歩することによって森の効果が解明されつつあります。森林セラピーは医学に裏付けされた森林浴効果をいい、森林を利用して心身の健康維持・増進、疾病の予防を行うことを目的としています。具体的には、森の中に身を置き、森を楽しみながら、森の中で歩行や運動、リラクゼーション、ライフスタイル指導などを実施することでその効果を達成するセラピーです。
参考:
『森林セラピーガイドブック』
    NPO法人森林セラピーソサエティ編
    JTBパブリッシング 2009

有馬温泉 太閤の湯では、六甲山の麓に位置する有馬温泉ならではの取り組みとして、自然健康・観光資源としての森(六甲山)と温泉(有馬)の価値向上に向けて森林セラピーとバルネオセラピー(温泉セラピー)との複合効果を今後のメインテーマのひとつと位置づけ、本年4月7日に特定非営利活動法人「森林セラピーソサエティ」から日本初の協力施設として認定いただきました。続いて同月11日には全国森林セラピーネットワーク(森林セラピーソサエティの認可を受けた60のセラピー基地全国組織)の会長自治体である鳥取県智頭町との包括連携協定を締結いたしました。

名湯で森林セラピーを

20150412 神戸新聞朝刊

NPO法人森林セラピーソサエティー トップページはこちら 智頭町森林セラピー推進協議会 トップページはこちら
有馬のホテルと包括連携協定締結

20150412 日本海新聞朝刊

有馬のホテルと包括連携協定締結

20150412 日本海新聞朝刊

森林セラピーイベント紹介 ページトップ ホーム

2017年春の森林セラピー入門ウォーキングのご報告

4月7日・8日・9日の3日間、鳥取県智頭町森林セラピーガイドさん達による
有馬温泉での森林セラピー入門ウォーキングを実施させていただきました。
今回も秋と同じ瑞宝寺公園~太鼓滝でのウォーキングをお愉しみいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年の同時期、桜の花びらのじゅうたんの上を歩いた同じ道。
今年は咲きはじめたばかりの花の下を歩きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

瑞宝寺公園の入り口まで目を閉じて進むブラインド・ウォーキング
まず足元の落ち葉の感触、そして森の香り、川のせせらぎ…
ついさっきまで感じていなかった諸々に気づかされます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

瑞宝寺公園山門前の大木の石段の下にまで長~くのばした根に触れてみる
石のように堅くなった根に‘いのちのちから’を感じる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木肌の苔はふかふか… 癒されます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

椿が共生した杉の大木を囲んで深呼吸
清らかな森の空気が身体いっぱいに広がります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木々の若葉にも目を遊ばせながら不思議の森へ出~発

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大木を真下から振り仰いでみる
厳かなパワーにただただ圧倒されるひととき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目を閉じて深呼吸… そして目を静かに開いた瞬間
山のアチラコチラの“匂い辛夷“”の純白が目に飛び込んできました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太鼓滝の川原では、低温の日が続いたおかげで見事な黄色い“きぶし”の花の群生に出会えました。果実に含まれるタンニンが、黒色染料の五倍子(ぶし)の代用になるから“きぶし”。その実は、お歯黒用として重宝されたそうです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして六甲山の雪解け水と戯れながらのクナイプ神父の健康療法を体験!
最初は冷た~いのに、後でぽかぽか。何はともあれ、童心に返ります♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして最後は森に包まれて安息タイム。開かれた五感のまま自然に包まれます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終日の帰り道の桜は満開。初日は蕾だった桜が刻々と姿を変える様子に驚かされる春のセラピーウォーキングでした。でも今年も何よりの嬉しい驚きは一歩一歩すすむほどに輝いていくお客様の表情でした。本当にありがたく存じます。
秋も智頭町ガイドの皆様とごいっしょに精一杯のメニューを用意させていただきます。
今回ご体験の皆様も、まだ体験されていない皆様も、ぜひご参加くださいね。

  • 官兵衛古道ページ
  • 森林セラピー協力施設についてページ